CRC常駐型SMOエシック TOP > キャリアパターン > 新卒者の治験コーディネーター 2014年

こつこつ備えて、日々実践の繰り返し!

【経歴】 2012年 大学院(薬科学専攻)修了 2013年 病院・薬局実習 2014年 エシックにCRCとして入社

Q1治験コーディネーターを選んだ理由は?

治験コーディネーター仕事風景

私は、将来、薬の研究・開発に携わりたいと考え、薬学部に進学しました。大学で学ぶ中で薬の研究・開発は病院・CRO・SMOなど様々な業種の多くの方々が関わることで行われていることを知りました。その中でも実際に薬を服用することになる患者さんと関わる機会が多いCRCという職種に興味が湧きました。実際の業務では、治験の説明から始まり、治験の終了まで患者(被験者)さんと密に接して対応することができ、充実しています。

このページの先頭へ

Q2エシックを選んだ理由は?

エシックを選んだ一番の理由は、常駐型SMOという特徴を魅力的に感じたからです。治験をサポートするためには医療機関で働く医師をはじめとする医療スタッフとの連携が重要だと考え、派遣型SMOよりも常駐型SMOの方がコミュニケーションをより多く、より深く取れるのではないかと思いました。
また、エシックではコーディネーター業務だけでなく治験事務局業務も経験することができるので、治験を幅広く学ぶことができ自分の成長につながると思ってエシックを選びました。

このページの先頭へ

Q3入社から現在までの経緯

入社後、治験協力者として循環器内科での陳旧性心筋梗塞、呼吸器内科でのCOPD、がん化学療法科での胃がんやがん性疼痛、神経内科でのパーキンソン病などの治験に関わりました。最初はOJTで先輩達の対応に同行し、色々な状況とそれに対する対応方法を体験することができました。その経験を活かして、徐々に一人で対応を行うことができるようになってきました。最近では、主担当としてパーキンソン病の治験を立ち上げから担当しています。

このページの先頭へ

Q4仕事において感動したこと、つらかったこと

初めて治験の説明を行って同意を取得した被験者の方から、治験期間を終了した時に「次回から会えなくなってしまうのが寂しい。」と言われた時が嬉しかったです。その後も治験終了時には被験者の方から感謝の言葉をいただくことが多く、その度に治験期間中の苦労や準備の大変さが報われる気がして、遣り甲斐を感じています。
一方で、せっかく治験に参加いただいたのに、途中で中止となってしまう時もあり、被験者の方に対して申し訳ない気持ちになることがあります。 また、私が異動するときに治験の担当医に最後の挨拶をした際、頑張ったねと声をかけていただき感動しました。

このページの先頭へ

Q5どんな勉強をしていますか?

担当治験の疾患について大学時代の教科書を使って勉強しています。そこで調べた疾患の病態や、検査方法、治療方法、評価方法などについて、自分なりにまとめています。
また、カルテスクリーニングなどで分からない記載の部分をメモして、後で調べるようにしています。それでも分からないときには、先輩に質問をしています。

このページの先頭へ

Q6どんな人が治験コーディネーターに向いていますか?

私が考えるCRCに向いている人は、要点を正確に簡潔に伝えるコミュニケーション能力がある人だと思います。治験を実施するには先生をはじめ、医療スタッフや被験者の方に遵守してもらわないといけない決まりがあります。通常の診療とは違った対応を依頼することが多々あり、依頼事項を的確に伝えなくてはいけません。その他にも社交性やスケジュール管理、臨機応変な対応、細かな変化に気づくことのできる観察力など様々な能力がCRCには求められると思います。日々自分が未熟であることを実感するので、先輩を見習って少しずつ色々な能力を身につけていきたいです。

このページの先頭へ

Q7今後の目標は?

まだまだCRCとして半人前なので、まず一番の目標としては先生や医療スタッフ、被験者の方から信頼される1人前のCRCになることが目標です。そのためにもコミュニケーション能力や、治験実施計画書を正確に把握して事前に準備や確認を行う能力の向上が重要だと考えています。

このページの先頭へ

Q8就職活動アドバイス、メッセージ

治験コーディネーター仕事風景

就職は人生の大きな分岐点の1つだと思います。就職活動中は自分の将来、やりたいことについて考えることのできる貴重な時間なので、悔いの残らないように思い切って興味を持っていることに参加してみてください。

このページの先頭へ

tri治験コーディネーターになるための勉強方法

tri就職、仕事で役に立った本や情報

  • 「手紙屋 ~僕の就職活動を変えた10通の手紙~」/ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 「今日の治療薬」/南江堂
  • 「最新薬物治療学」/廣川書店

tri情報収集サイト

triリフレッシュ方法

  • 街の散策(知らない場所やお店の開拓)
  • テニス(社会人になってから始めました)
  • 映画、音楽鑑賞

キャリアパターン


(2015年インタビュー) 〜治験コーディネーター(CRC)のキャリアアップ事例〜

キャリアパターン


(2014年インタビュー) 〜治験コーディネーター(CRC)のキャリアアップ事例〜

キャリアパターン


(2012年インタビュー) 〜治験コーディネーター(CRC)のキャリアアップ事例〜

このページの先頭へ